ブログアーカイブ

ブログ

シニア世代の心をつかむ7つの法則

  1. これからシニアマーケットを勉強しようと思いまして、 読んだ本で「シニア時代の心をつかむ7つの法則」(山崎伸治著、青春出版社)を 読んでみました。 これが巧みにシニアの心理をついていますんで、きょうはこれを紹介してみます。

    この本でわかったのですが、シニア人口のうち介護を必要としている人の比率は約10%で 90%は元気なシニアということのようです。 それをアクティブシニアといいなるほどアクティブシニアを含めるとシニアマーケットは膨大になるなとホントに実感しました。 (2010年には約5400万人が50歳以上となる社会になります。)
    そう考えますと、それこそほぼ全業種がシニアマーケット入りますから、 是非このマーケットを研究してくださいね。
  2. ところでこの本によりますと、「まずシニアに対する先入観を捨てること」 ほんとにそうですね。まず第一の法則は 「シニア世代」の実像を知る7つの法則です。 第1の法則シニアは「認知年齢が若い」 実際の年齢よりも1割〜2割若く自分を認知している(10年(とうねん)とって)という冗談が 冗談でなくなる(笑) 七掛けで計算するものね 第2の法則シニアは「経済的に豊かである」 個人金融資産の70%以上を50歳以上が保有(すごいよね) 孫には高額なプレゼントを買い与える(老人の日だって年寄りがおごる) 第3の法則シニアは「熟練消費者である」 上質・本物志向である(確かに目が肥えていますよね) 第4の法則シニアは「時間消費者である」 お金がかかっても時間の有効活用を考える 時間をムダに使うのは嫌である(お金で時間を買える唯一の世代?) 第5の法則シニアは「高学歴である」 高学歴化し、情報・知識のレベルが高い 生涯学習で前向きな循環型人生を目指す 「学びたい人」とともに「教えたい人」も多い 第6の法則シニアは「一人暮らしが多い」 第7の法則シニアは「都会人である」 (田舎が好きというのはうそだよね。)
  3. 次に第二の法則があります。 「シニア世代」の心をつかむ7つの法則 第1の法則「健康志向であること」 (健康に金をかけるよね) 第2の法則「安心・完全であること」 でも「クルマの運転」はまだやめたくない 第3の法則「楽しくあること」 楽しみにたいしては若者よりどん欲 第4の法則「美しくあること」 若く美しくありたいという欲求が強い おしゃれへのニーズは高いが情報不足(ゴルフウエアーしかないものね) 第5の法則「快適であること」 シニアライフをもっと快適にする住環境を求める 第6の法則「知的であること」 出会いや交流を楽しみながら学ぶ 第7の法則「優しくあること」 環境への意識が高い ボランティアへの欲求も高い 自分のこと考えると納得しますね。ねえ佐藤さん 以下が山崎伸治氏のシニアコミュニケーションのHPです。 ご参照下さい。 http://www.senior-com.co.jp/index.html
今日の言葉「基本業務の硬質化は会社をダメにする」
Loading
  • メールマガジン