日本で海外のブックメーカーを利用する場合はグレーゾーンとして扱われています。

ブックメーカーとは?

ブックメーカーは欧米で幅広い賭け事を行う業者です。
和訳すると本の製造業者という意味になり、ブックメーカーというブランドを想像されがちですが、実際には賭け事を行う業態をさします。

 

例えばスポーツの場合、ジャイアンツが勝つかタイガースが勝つかの予想を行い、ディーラー(賭けの主催者)がジャイアンツが勝つ場合は1.5倍、タイガースが勝つ場合は2.5倍とオッズを付けます。

 

これを聞くと日本で度々ニュースになる野球賭博を想像すると思いますが、野球賭博もブックメーカーの一種です。
日本では公営ギャンブル以外の賭け事が禁止のため違法になりますが、欧米では合法化されて政府公認のブックメーカーも多数存在します。

 

つまり、業界用語でブックメーカーを和訳すると賭け屋やノミ屋になり、略してブッキーと呼ぶケースもあります。

 

もともとは1790年にイギリスの競馬で発祥したと言われていて、欧米では野球、サッカー、アメフトなどのメジャースポーツを中心に大統領選挙やアカデミー賞の授賞式が賭けの対象になることもあります。
海外競馬でも複数のブックメーカーが扱っていて、極端にたとえるとJRAの始めた海外競馬サービスもブックメーカーと同じ仕組みになっています。

 

通常の中央競馬の場合はパリミュチュエル方式といい、実際の購入状況に応じてオッズが変動します。
公平でもあり、絶対に親(胴元、運営者)が負けない仕組みになっています。
ブックメーカー方式は胴元がオッズを決めます。過去には弱小チームに高配当を付けた結果、そのまま優勝してブックメーカー(胴元)が巨額な損失を出した事例もあります。

 

ブックメーカーは独自にオッズをつけるので、利益率が高くなることもあれば損失が高くなることもあります。
JRAの海外競馬はブックメーカー方式で、かなり安全マージンを取ったオッズになっています。

 

 

日本でやる違法性

日本の賭博法では、運営者と賭けの参加者がともに国内にいる場合を対象に禁止しています。
運営者が海外の場合は記載がなく、OKは出していないけど禁止にもしていないグレーゾーンとして扱われています。

 

つまり、国内運営のブックメーカーは闇サービスを除いて存在しません。
海外のブックメーカーを利用する場合はグレーゾーンになり、今のところは逮捕者の出た前例はありません。

 

 

ブックメーカーは換金率が高い

お金を持つ手

サービスによって異なりますが、大手ブックメーカーは95~98%の換金率で運営するのが相場です。
中央競馬は券種によって70~80%が換金率です。売上の中から10%は国庫(税収)に入り、賞金なども工面するため換金率は低くなります。

 

ブックメーカーは、自らスポーツの運営はせずにオッズをつけて賭けの場を提供するのみで運営コストはかかりません。
換金率を高くすれば世界中から資金が集まるため、換金率が低くても薄利多売の原理で儲かる理論の元で運営されています。

 

 

海外競馬でJRAとブックメーカーを併用すると強い

海外競馬はJRAから購入することもできますが、ブックメーカーのオッズと大きな差異があることもあります。
たとえば2016年の凱旋門賞では日本馬のマカヒキはJRAで2.8倍の1番人気でしたが、海外のブックメーカーでは10倍以上のオッズを付けていました。
全般的に日本人の参加者の少ないブックメーカーほどオッズは高かったです。

 

つまり、マカヒキは海外のブックメーカーで買って、JRAからマカヒキ以外の高いオッズを出している馬を買えばオッズの差異が勝てる確率が大幅にあがります。
日本から海外競馬が注目されるようになったのはオッズの差異が大きいため、プロのギャンブラーが集まっている影響です。

 

page top